公正証書遺言作成
当事務所にご依頼いただいた場合の流れ

@ 相続人・相続財産の調査(相続税額お見積り)

遺言には、どの相続人がどの遺産を相続してほしいかを書きます。
それを決めるための下調べとして、最初に相続人と相続財産の調査を行います。

相続人調査→戸籍を収集して、推定相続人を調査します。
相続財産調査→不動産・預貯金・有価証券などの財産を調査します。
相続税額見積り→相続税額が発生する場合は、お見積りをします。

            @までご依頼いただいた場合の費用

A 専門家の選定

@の調査の結果により、依頼する専門家の選定をします。
以下のケースに該当する場合は、弁護士に相談することをお薦めします。

相続人調査の結果、争いが予想されることが判明した場合
家族関係が非常に複雑な場合・思いがけない相続人の存在が判明した場合など、争いが予想される場合は
弁護士業務となります。
B 文案の作成必要書類の収集

さまざまな点を考慮し、遺言の文案を作成します。
ご依頼者さまの意思と、法律的観点を考慮した上で
ご納得のゆく文案となるまで、サポートいたします。

どの相続人に、どの財産を遺したいのか。
不動産は、誰に遺すか。
相続人以外に財産を遺したい人がいるか。

希望する分け方で、遺留分を侵害していないか。
皆が納得のできる分け方になっているか。

希望する分け方の場合、相続税の申告は必要か。
相続税の申告が必要な場合、税額はどのぐらいか。
財産をもらった人は、その相続税を払えるのか。
              Bまでご依頼いただいた場合の費用
C 公証人との打合せ
公正証書遺言の文案・必要書類・日程・証人などについて、
綿密な打合せをします。当事務所がすべて行います。
D 公正証書遺言作成
公証役場にて、所定の費用を払い、公正証書遺言が完成します。
基本的には、ご依頼者さまに公証役場までお越し頂く必要がございます。