医療法人が介護事業所を開設するには
介護事業所開設までの流れ 
定款変更 → 目的変更登記 → 指定申請 → 介護事業スタート
医療法人が介護事業所を開設される場合は、事前に
附帯業務開設の定款変更認可申請を行い、
定款第5条(目的)の条文を変更しなければなりません!


詳しくは、
医療法人定款変更ガイドをご覧下さい。

なお、定款第5条には、介護事業所の名称・開設場所を記載します。
そのため、申請時には既にそれらを決定している必要があります。
定款変更認可申請から数ヶ月(通常1〜2ヶ月)後に認可がおりますので、
目的変更登記をします。

登記が完了すると、やっと介護事業の指定申請をすることができます。
そして、申請日の翌々月1日から介護事業をスタートすることができます。
(東京都の場合)  →詳しくはこちら
このように医療法人の場合には、
介護事業スタートまでに長い期間が必要です。

また、これらの手続きは、煩雑で専門知識を必要としますので、
実際に事業をスタートさせるまでに
多くの時間と労力を費やすこととなります。

当事務所では、介護事業所を開設しようとする医療法人が
開業までの時間や労力、経費を削減し、
効率良く介護事業をスタートすることができるよう、
専門家として様々なサポートをさせていただいております。

介護サービス事業所の開設をお考えの医療法人は、
何でもお気軽に、ご相談ください。
定款の記載について (医療法人と株式会社の比較)